IoTベースの軽量ブロックチェーン

カウリーのビジョンを実現するために、私たちは技術開発を進めています。 高速で軽量なIoT技術をネットワークに採用し、バックエンドシステムは ブロックチェーン技術を活用します。

50倍速い。5G時代を見据えたIoTネットワーク

4Gよりも高速な5Gの携帯電話ネットワークが登場しようとしています。5Gでは、 人間だけではなく、あらゆるモノがインターネットに接続して、情報をやり取りします。 インターネットを流れる情報量は、今でも十分に膨大ですが、もっともっと拡大します。

私たちはMQTTを利用したIoTネットワークを構築しています。MQTTは、従来のHTTPを用いた通信よりも50倍以上高速とも言われます。 カウリーの仮想通貨は、 私たちのIoTネットワークの最初のアプリケーションです。私たちはIoTネットワークに 様々なアプリケーションを追加していくと共に、よりオープンにしていくことを考えていま す。

島チェインテクノロジー

既存のブロックチェーンやオープンレッジャーは、気がつけば、多額のお金を移動する手段になってしまいました。 万円単位のお金を送金するにはブロックチェーンは低コストといえます。 けれども400円のコーヒーを決済する手段としてはどうでしょう。

ブロックチェーンは国をまたぐような、相手先を全く信用できない世界を想定した技術です。 一方、小さなお店の商圏では、お客さんの顔が見えています。 仮想通貨の自律性は不要で、お店=発行者が管理すればいい。 小さなお店に必要十分な形にスケールダウンすることで、ブロックチェーンのコスト低減ができるはずです。

私たちは低コストで高速な独自のホスティング型ブロックチェイン「島チェイン」を開発しています。